concept




ご依頼を受けてから 、お家に合わせてデザインから設計、そして職人がひとつひとつ丁寧に製作しています。

お客さまそれぞれの話をうかがい、暮らしに
そった機能や豊かさを感じられる家具をご提案しています。

機能や丈夫なこと、使い勝手が良いこと、ただそれだけではなく、
家具があることで、豊かな気持ちになり、心地いい暮らしに導いてくれる、そんな家具をつくれればと考えています。


木の家具は長く使う愉しみがあります。

そこには、天然の木だからこそ出来る、経年変化で劣化ではなく、味わい深くうつくしくなり、一層愛着が湧く、そんな変化があります。
職人の手仕事が施されているからこそ、良い変化をもたらしてくれます。

きっとお手入れもまた、愉しくさせてくれると思います。
暮らし方を変えてくれる存在にもなるかもしれません。


家具のことはもちろん、お家全体のことを考えながら、家具をご提案させていただきます。



代表 小林啓伯





 
代表:小林 啓伯  プロフィール
1977年 長野県出身
1999年 名古屋造形芸術大学 デザイン学科産業工芸デザインコース 卒業
2000年 大橋&パートナーズ工房 にて大橋氏に師事
2002年 名古屋造形芸術大学デザイン学科産業工芸デザインコースの研究室助手となる
同時に、独立して家具制作を始める
2004年 瀬戸市に工房を構える
2005年 snedkerスニッカを設立
  初のスニッカ新作展示会開催。ラパンセ・ノワール本店にて
  名古屋造形芸術大学デザイン学科 非常勤講師となる。現在に至る
名古屋工業大学建築・デザイン工学科 非常勤講師となる。現在に至る
2006年 第2回スニッカ新作展示会開催。ラパンセ・ノワール本店にて
2007年 瀬戸市内に工房を移設
2011年 軽井沢 脇田美術館「木のデザイン」公募展2011 kisori/スツール 大賞・長野県知事賞 受賞
  専門学校トライデント 非常勤講師(11〜13)
   

 
小林 久美子  プロフィール
1981年 名古屋出身
2004年 名古屋造形芸術大学 デザイン学科産業工芸デザインコース 卒業
2004年 瀬戸の陶器メーカー入社 食器や生活雑貨、布製品の企画、デザインに携わる
2009年 snedkerへ参加。家具の設計デザイン、ホームページ 等担当