about
diary events   furniture kitchen order access          
2020 diary  

工房ショールームのオープン日

10月17日(土)

11月7日(土)

11月21日(土)

12月19日(土)

13時〜17時まで。

その他の日程で、家具の相談でお越しの際はお手数ですがご予約を頂ければ幸いです。(平日、土日ともにご予約可能です)


*日曜日は通常お休みをいただいています。ご予約のみの対応となります。


11.24 tue
 

書斎のデスク

 

天板はナラ材です。

無垢材を丁寧にカンナで仕上げていきます。
手触りも、経年変化にも差が出てくるところです。


今回の木柄は、以前つくらせていただいたテレビボードの天板の
木柄に合わせて、柾目の落ち着いた雰囲気に。

 

柾目は木目が目が真っ直ぐにサラサラ流れている感じ、

板目は楕円の渦巻きが入ってくるので個性がより出ます。


こちらは柾目のみ。

柾目と板目を組み合わせたり、
板目だけだったり。



いつもお家のインテリアに合わせて木柄は考えています。


11.18 wed
 

書斎のデスク

 

引出しの材料はブラックチェリーにしました。

お仕事だと、デスクは長く滞在する場所です。
使い勝手はもちろん、素材感を大切にしたいな、
と思っています。



墨付けは昔から愛用している墨壷です。

宮大工さんが使っている道具。

  墨に合わせてカット。
 

キッチンのリフォーム

 

収納の扉の加工です。

機械で処理をしても、、

 

仕上は丁寧にカンナです。

完成に差が出てくる所でもあります。

  ステンレスのハンドルは特注で。

キッチンに合わせてその都度サイズを変えています。

11.13 fri
 

コの字型キッチンとバックセット

 

設置工事後、取扱い説明にうかがってきました。

たくさんのご相談を経て、辿り着いたキッチンです。
奥様の理想のキッチンになっていれば
私達もほんとうに嬉しいです。

この後は奥様のカラーに染めて頂ければ尚うれしいです。

フランスのアンティーク雑貨がお好きな奥様。
ヴァンヴの蚤の市が良かったですね、なんてお話で盛り上がりました。
どんなインテリアにされるのか、、とても楽しみです。




リビングからのアングル。
この眺めを想像しながらデザイン、製作をしていましたが、
それを越えた良い眺めになりました。


  コの字型のステンレス天板はバイブレーション仕上。

一体で継ぎ目無く。

薄さも際立ちます。
  キッチン真上に吹き抜けが。

なんとも気持ちのよい印象的な空間です。



こちらはメープルホームズ愛知南 黒岩工業さんの設計です。

設計士さんがご家族のご要望をとても細やかに
叶えられて見えました。

ご家族もきっと大満足なのではと、、
  キッチンボード。


仕舞うのが楽しくなる、ガラスの吊戸棚。
  金物は真鍮で。
  ミーレの食洗機。

大容量の引出し。
  階段の踊り場から。

11.12 thu
 

キッチンとキッチンワゴン

 

先週の設置工事風景です。


いつもお世話になっておる、裕建築計画さんの住宅に
納めさせて頂きました。

いつもながら、天井梁やコンパクトな間取り、素材と
特徴的な仕上りばかりで、
早く全貌を見ていただきたい!


ここには写っていませんが、
今回はキッチンワゴンを作らせていただきました。

奥様によろこんでいただきたい、、
そんな思いで仕上げさせて頂きました。



11.11 tue
 

キッチンのリフォーム

 

吊戸棚にはLEDのスポットライトを設置。

食洗機は無く、手洗なので、
シンクの手元がちゃんと明るくなる様に。

もう1つは作業スペースを照らします。

 

夕方の工房。

冷えて参りました、、

  扉の仕上はこの小さなカンナで。

11.6 fri
 

キッチンのリフォーム

 

今回のキッチンは、食洗機が無かったり、
ビルトインコンロもありません。

これぞオーダーメイドのキッチン。

そして、今のキッチンの在り方なのかと。


家族構成だって、食事のスタイルだって
便利、不便の価値観も
そのお家ごとに様々あります。

キッチンだってそれぞれ違って当たり前だと、
常々思っています。

 

仮組中。

形が見えて来ました。


11.5 thu
 

ナラの無垢材キッチン

 

納品から1年以上が建ち、1年点検へうかがってきました。


余分な物を持たず、シンプルにコンパクトに
すっきりとしたキッチン。

奥様の印象そのまま。


丁寧に暮らされているから、
キッチンも無垢材が綺麗な飴色に変わっただけで、劣化も無く
無垢材特有の大きな伸縮も無く、
とても良い状態でお使いいただいていました。

個人的にも見習うべきところが満載のキッチンスペースです。



  ステンレスも、水栓もぴかぴか。

必要な物だけが置かれたワークスペース。
   
   
  コンロ回りもぴかぴか。

作家であるご主人のポットがまた似合います。
  板一枚をバーに渡してフタ置きに。
ナイスアイデアです!

特にフライパンのふたは大きいし
重ねると場所も取る、、

スニッカのキッチンをお使いの皆様。
ぜひ真似させていただきましょう!
  窓の外には
長野の山々のなんとものどかな風景が広がって、

毎日この景色を眺めているのかと思うと
本当にうらやましい、、

  長野の素敵なお菓子を頂戴し、
  ご主人の器にもらせていただきました。

片口のニュアンスがうつくしい。

おいしいお菓子が益々美味しくなってしまう器です。

  ちなみに、ピッチャーも。

たっぷりミルクをいれるのにぴったりなサイズで。

11.3 tue
 

フックとベース

 

プチリフォーム。

お客さまがNYで買ってきたフックに
ブッラックウォールナットのベースをつけました。

ただフックを壁に付けるだけではなく、
ベースをつけることによって、
強度もまして、インテリア度もアップします。プチリフォーム。

お客さまがNYで買ってきたフックに
ブッラックウォールナットのベースをつけました。

ただフックを壁に付けるだけではなく、
ベースをつけることによって、
強度もまして、インテリア度もアップします。

 

ちょっとした事なのだけど、

この一角の空気感まで変わります。


11.2 mon
 

キッチンのバックボードとTVボード

 

納品から1年がすぎ、久しぶりにお伺いしたお宅。


お引越後は始めてうかがいますが、

物は少なく整頓され、
センスのよい家具や雑貨がシンプルに配置。

bandesignさんの建築と調和され、
とてもすてきな空間をつくられていました。

  ナラ材のキッチンボード。

シンメトリー。

木柄も際立ちます。



新たに壁面に棚をつけようかとご相談中。
   
  TVボード。

ご主人からのこんなデザインができないか?
という問いから生まれたデザイン。

bandesignの伴さんも交え、
建築に合わせた家具を提案させてもらいました。



TVもボードも壁吊りなので、

重たい印象にならず、
余計な存在感も無く、かっこ良く納まりました。
 
黒皮鉄のボックスをナラ材の棚板で挟んで。
  今週の7日(土)は工房ショールームのオープン日です。

お天気も良さそう。

お気軽に家具を見にお立ち寄りいただければさいわいです。






ご近所のマカロニカフェ&ベーカリーのタルトでおやつ。

試作の箸置きを使いつつ。


10.31 sat
 

キッチンのリフォーム

 

すっかり長いお付き合いのお客さまのお宅のキッチンと吊戸を製作中。

ナラ材の木目を活かしたキッチンになります。


10.30 fri
 

キッチンとキッチンワゴン

 

壁面型のキッチンを製作しています。



ステンレスのシンクトップはいつも特注品です。

シンクのサイズや水切り台をつけたり、
洗剤スペースをつくったり。

使い勝手に合わせてサイズやバランスを決めています。


仕上もヘアーラインだったり、
バイブレーションだったり。

 

ブルーノ養生をはがせば、

柔らかなテクスチャーのバイブレーションが出てきます。


10.19 mon
 

工房ショールーム

 

先週末は久々の工房ショールームオープン日。

次回は11月7日(土)です。

お気軽にお越しいただければ幸いです。




工房ショールーム。


正方形のモジュールボックスで壁面収納を。

家族や年齢の変化で暮らし方も変わります。
そんな変化に合わせて、組み替える事が出来る家具を考えました。

開き扉に、引出し、棚板、などアレンジも自在。

置いたり、壁に吊ったり、並べたり、積んだり。


子供の成長に合わせて足していく事も。
兄弟の関係が変化したら、移動して組み替えたり。

 


天然大理石キッチンカウンター。


壁の額を変えて、

赤い実を活けて、

秋から冬の装いに。




来年に向けて、キッチンのご相談もありました。

やはり実際のキッチンを見ていただくと
サイズや素材感、動線などイメージが湧きます。

木のキッチン、是非見にきて下さい。







10.17 sat
 

書斎のデスク

 

以前TVボードを納めさせて頂いたお客さまから、

TVボードの並びを書斎にしデスクをつくりたいとの
ご依頼をいただきました。

コロナでお仕事がすっかりリモートとなったので、
お仕事スペースを増やし、リモートが出来る環境を
新たにつくらせていただく事に。

今年はそんなご相談が他にもありました。



今回は既存のTVボードの仕様に合わせて
インテリアとして統一させます。

2600もある長い天板はナラ材で。

  品よく、落ち着いた雰囲気に。


既存のTVボードはすっかり飴色に変化し、
深みが増していました。

10.16 fri
 

キッチンとキッチンワゴン

 

壁面型のキッチンを製作しています。



キッチンの収納内部。

引出しが入るとあまり見えない所では有りますが、
ちらりと見える箇所。

ふとした開けた瞬間の印象が色が違うと変わってきます。


ここの色もお客さまと相談して
好きな色にする事が出来ます。

  明るめのグレー。

白ではない、落ち着いたトーンに。



引出しの箱の色も同じです。

木部はナラ材です。




 

ダイニングを繋ぐキッチンカウンターは、
ワゴンにしました。

奥様のご希望がつまったアイテムです。

天板は天然大理石に。

もちろんお菓子づくりやパンを作ったりと
調理にも活躍してくれますが、

  この天然の存在感、色の深み、

インテリアをひと味、変えてくれます。

10.13 thu
 

納品

 

ダイニングテーブルの納品で名古屋へ。

コロナですっかりご無沙汰になってしまったお客さま。
やっとお届けが出来ました。

久しぶりにお会い出来、また喜んでいただけて
こちらも嬉しい限り。



ショールームで、ほどんど即決で選んで頂いたテーブル。
オリジナルのスタンダードテーブルの脚を
少しテーパーをつけました。


団地マンションをすっきりミニマムなリノベをされたお宅。

まだ本格的なお引越はまだの中、
取り敢えず揃えたという家具もセンスがよく、
すてきなご夫婦です。

  簡易的に揃えたというIKEAの折りたたみチェア。

これもまたテーブルや空間にぴったり。

10.13 thu
 

工房ショールームのオープン日

 

今週17日の土曜日、工房ショールームをオープンいたします。

久しぶりのオープン日。

宜しければぜひお越し下さい。

13時〜17時まで。

*お客さまが重なる場合は、少しお待ち頂く可能性があります。
 何卒ご了承下さい。



11月も予定しています。

7日(土)、21日(土)13時〜17時まで。


10.8 thu
 

ショールームのキッチンカウンター

 

天然大理石の天板のキッチンカウンター。

いつも、季節の枝や実、ドライを飾って
楽しんでいるスペース。



今は、スタッフが実家のお庭から採ってきてくれた
枝たちを飾っています。

すすきや赤い実、秋ですね。
器も黄瀬戸の鉢を合わせて。

  枯れていく葉もまた秋らしくて。



近々、工房ショールームも週末定期的にオープン予定です。
日程は後日掲載します。


来年に向けてお家づくりに動いている方も
増えて来ているかと思います。

ぜひお気軽にお立ち寄り頂ければ。
  コロナですっかりご無沙汰していたお客さまの所へいく
ダイニングテーブルの仕上です。
  定番のスタンダードテーブルをベースに

脚に少しだけテーパーをつけました。


オーダーだから出来る、
そのお客さまだけの特別な仕様です。

← Older Posts  

2019 / 1~34~67~910~12
2018 / 1~34~67~910~12
2017 / 1~34~67~910~12
2016 / 1~34~67~910~12
2015 / 1~34~67~910~12
2014 / 1~34~67~910~12
2013 / 1~34~67~910~12
2012 / 1~34~67~910~12
2011 / 1~34~67~9・10~12
2010 / 1~34~67~910~12
2009 / 1~34~67~910~12
2008 / 1~3・4~6・7~9・10~12
2007 / 1~3・4~6・9~12
2006 / 1~3・4~6・10~12
2005 / 4~6・7~9・10~12